ロレックス日誌

スライドショー

ロレックスの歴史と魅力

今や時計に興味がなくとも知らぬ人がいないほどの人気と魅力を兼ね揃えた時計メーカーがロレックスです。 そのロレックスの歴史を紐解いていきます。

当時はまだ懐中時計が主流の時代にロンドンに時計会社を設立します。 腕時計は精度が低い問題があったのですがクロノメーターの認定を受け、腕時計の精度を立証し、世界的にロレックスの名前を知らしめることに成功しました。 ロレックスの腕時計としての実力、その魅力を語るに最も適しているのは成し遂げた3大発明と言えます。
防水機構であるオイスターケースの発明、永遠に止まることのないローターの自動巻きを実現したパーペチュアル、日付を瞬時に切り替えるデイトジャストです。 今では当たり前の腕時計の機能ですが、実用性を重視したロレックスがいなければこれらの当たり前の機能はここまで全世界的に普及することはなかったかもしれません。
さらに今でも究極の実用性を追求しており、同じモデルを改良し続けています。 これは今になっても飽きられることのない人気の秘密のひとつです。また、時計業界のスタンダードを確立し基本デザインに変更はありません。しかしその普遍的なデザインこそがファンへの信頼を勝ち取っており、絶えることのない人気の理由です。


時計の高価買取サイト⇒http://www.kaitori-ginza.com/

ロレックスの買取り実績一覧⇒http://www.kaitori-ginza.com/tag/rolex/


これらを理由として世界中にコレクターがいて高価な時計として確立され、ロレックスの腕時計はどんな国でも手堅く換金が可能なアイテムとして便利な扱いとなりました。つまり知名度の高さが最大の売りとなっていると考えていいです。 購買層は基本的に裕福な方が多く、今時の若者は歴史的価値やコレクター要素を重視しないですし、あまり身につけない腕時計ではないかと思います。仕事の場面やちょっとしたパーティーなどでも使えなくもない無難な腕時計なのでそういった活用をする方も多いです。 単純な時計としての実用機能を考えるならば国産の時計メーカーでも十分ですので、あくまでブランドとしての重要性を感じている方が多いということです。

Powered by RSSリスティング